* * * happy life * * *
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

■シュレッダー大活躍中■
4日ぶりでございますm(_ _)m


とりあえず・・・って処分保留にしていた紙類。
紙袋に入れてたやつがあったのね^^;
中身をテーブルに出して、バンバン見切りをつけてます。

・・・終わったはずの書類の片づけ祭り、終わってなかったってことか?!ガーン!

気を取り直して、「残す」 「ゴミ箱行き」 「シュレッダー行き」
分ける、分ける、分ける・・・


残すものは、それぞれの保管場所に。
ゴミ箱行きはビニール袋に。
名前や住所の書いてある個人情報系はシュレッダーに。

20111212154621.jpg

お気に入りのconof.のシュレッダーが大活躍!

はい、あっと言う間にこんなに! ↓ ↓ ↓

20111212162223.jpg


明日は燃えるゴミの日。
出すぞぉーーーーーーーーっ!



よろしければ ↓ ↓ ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ ありがとうございますm(_ _)m 
 
■書類片づけ祭りは続くのだ■
「先週よりも予定が少ないんだから、あなた、片づけ祭り、がんばんなさいよ!」



この声は、幻聴だろうか?

はたまた、わたしの内なる声だろうか?




「なーーんて、言ってる間に書類の片づけ祭り、進めなさいよ!」



この声は、幻聴だろうか?

はたまた、わたしの内なる声だろうか?



「おいおいっ!」


このツッコミは、幻聴だろうか?

はたまた、・・・エンドレス・・・




書類の片づけ祭り中。

脳ミソを消耗し、ややオカシクなっている模様^^;

あしからずm(_ _)m



ちょっと気分転換にブログで遊んでもーた(笑)

引き続き、がんばりやす^^


よろしければ ↓ ↓ ポチお願いします☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ  いつもありがとうでございまする。



 
■書類の片づけ祭り☆進行中■
ちょいとご無沙汰してました、こんまりサンの「人生がときめく片づけ祭り」

書類に四苦八苦しておりますです^^;

今週は忙しいながらも、とても充実した毎日。
唯一、火曜日の午後がフリー♪でしたので、いざ!片づけ祭り再開!!
もちろん1日で終わるはずもなく、時間の空いたときにやってます。
今日もコーラスの練習までの時間を30分頑張ります!

火曜日からの作業。
まずは、ファイルに入った税金関係・銀行関係・契約関係などなどを・・・

20111018160004.jpg ほんの一部を出してきました。

見てよ。
この無造作に突っ込まれた、書類やら明細やら・・・(汗)
「とりあえず感 満載」でしょ?^^;


これらを出しましてぇ〜〜〜〜、
そして分類しましてぇ〜〜〜〜

20111018164350.jpg

どんどん積み重なる 『不要処分』 の山。(左手前)
↑ は途中経過ね。
この山、高くなりすぎて途中で雪崩が起きましたぞー。

何が多かったっていうと。

第1位  期限の切れた自動車保険の証書と契約内容などの冊子

第2位  払い済みの税金領収書(住民税・市民税・固定資産税など)7年分位

第3位  既にウチにはない家電の保証書と取説


まだ一部しか終わっていませんが、手を付けた分は量が5分の1になりました!
ファイルが痩せて、収納しやすくなりました^^

でもね。
まだまだ書類は残っていますよ。
あとは・・・
 ・保険関係 (生命保険・学資保険など)
 ・住宅関係 (契約書・建築当時からの様々な図面・設備関係・メンテナンス関係)
 ・学校関係 (様々なプリント、資料、テストなど)
 ・健康関係 (受診領収書・明細書・人間ドックの結果・母子手帳)
 ・生活関係 (給与明細・光熱費・家電関係・年賀状・カード明細・パスワードなど)
 ・趣味関係 (セミナーの資料、カタログなど)

う〜〜〜〜〜ん。 先は長いぞ!(涙)

生活していく中で、いつの間にかウチの中に入ってきて、溜まっていく書類たち。
その都度、見極めて処分していけばスッキリを保てるのでしょうね〜。
処分するか残すべきか、見極めるための指標を「モノ毎」に持たないと
曖昧な判断しか出来なくて、「じゃぁ〜取って置こう」ってなっちゃうんだよねー。
自分なりの指標をもてるように、早くなりたい!


ともかく、まずは頑張って処分しよう!
どんなふうに収納しようかな〜〜って、早く考えたいけど、「収納」はまだ早い。
ここはグッと我慢の子。

がんばりまーす^^)/



よろしければ、↓ ↓ ポチッとしてくださると嬉しいです^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ  どなたか存じませんが、ありがとうございます。


 
■やっと!洋服にサヨナラできた■

夏休み中に、自分の洋服の片づけ祭りをしたんですよ。そのときの記事はコチラ
子ども会の廃品回収に出そうと思っていたのに、8月のその日は生憎の雨。

「雨天の場合はボロ布は出さないでください。」

ガーン!


でね。
それならば、市のリサイクルセンターへ持っていこう!とネットで場所や時間を調べたの。

・・・・。

調べてから数週間。
ときめかない洋服たちはビニール袋に入れられて玄関に放置されとったそうな(涙)

今日は持っていこう!と思うでしょ。
でも雨だったり、暑かったり、用事があったり、ガソリンマークが出たり。
職場とは真逆に位置するため、そちら方面に他に用事があれば「ついで」になるけど
「わざわざ」行くのが面倒なんだも〜〜〜ん(汗)
結局は「行くのが面倒だ」ってことの言い訳じゃないかー!
情けないぞ!わたし〜〜!

なんだかんだと1ヵ月後。
「雨が降りませんように・・・」と必死に願うのなんて、運動会以来です(笑)
もし雨が降ったなら、今度こそリサイクルセンターまで行かなくちゃだわ。

そして昨日。

洋服 45リットルのゴミ袋×3
ダンボール×6
広告などの紙類×2束

やっとサヨナラできました〜〜〜〜^^
晴天サイコー!


玄関で洋服の入った袋を目にするたびに 「邪魔だなー」という思いと
「まだ着れそうだよなー」というモッタイナイ心との葛藤が・・・。アブナイ!
なんとか打ち勝ち、全てを処分できました!
みんな、今までありがとうね^^

それにしても、家族の無言の「邪魔だな目線」が痛かった〜〜〜;;>v<;;
あー晴れ晴れ。


もっと「身軽に行動できる」ようになりたい・・・。



よろしければポチッとお願いします^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
 
今日は、次女の修学旅行の持ち物チェックをしてました。
もちろん本人主動で、わたしは確認のみ。
週間予報では、日光は雨みたいだぞ・・。
またもや「雨が降りませんように」やらねば・・・。


 

■給与明細は捨てるか?保管しておくか?■


こんまりサンの 「人生がときめく片づけの魔法」 頑張り中です。
本が終わって(自分の分だけね)、今は書類に移っていますが・・・

進みませんっ!悩んでますっ!!

こんまりサンは 「書類は全捨てが基本でまったく問題なし」 とおっしゃいます。
本の中でも、わりとあっさりと語られています。
おそらく、書類って大抵ときめかないモノですのでね(笑)
でもね。そんなに簡単に捨てちゃうって・・・
え〜???本当〜〜にいいのぉ〜〜〜〜???
あとで、「まずい!捨てちゃったーーー><;」ってこと、ないのぉ〜〜??
というのが、わたしの本音。
きっと、「見えない未来への不安」の表れですね^^;

わたしって、「保険」とか「年金」とか「税金」とか、そういったのに疎いのです。
将来、何か「証拠になるもの」が無いといけないんじゃなか?というね・・・。
だから、預金通帳や給与明細とか捨てられないのです。
たんまり残してます。
だったら、そういったモノが役に立つ日がくるのか?

みんな、どうしているんだろう??

ってことで、ヤフー知恵袋を覗いてみると・・・
いました、いました。わたしと同じように悩む方々が。
給与明細の保管についての回答は、大きく分けて2つ。
「そんなものは取っておいても仕方がない。確認すれば捨てます。」
「源泉徴収書で間違いないか確認したら捨てる。」という『捨てる派』。
もうひとつは、『全てとっておきます派』。
気になるその理由と言うのが・・・

  ・転職を機に、年金加入期間を調べたたら、未加入の期間が見つかった!
   (社会保険支払っているはずなのに)
   そのときに給与明細が、「働いていて支払っていた証拠」になった。

  ・社会保険庁の年金記載ミスの場合でも
   会社がすでに倒産していたら、いまさら調べようがありません。
   やはり万が一の時の自分の身を守るためにも、なるべく長期間、
   保管しておくべきだと思います。
 
などなど。
それとは別に

  ・給与は働いた自分への表彰状。定年退職したら人生でいくら稼いだのか計算する。
   自分の仕事の歴史を給与から振り返るのが楽しみ。

という方も。

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ・・・・悩む。

みなさんはどうしておられますか?
よろしければ教えてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ  応援ポチ、いただけると嬉しいです^^

土曜日は長女の体育祭でした^^
ものすごく天気が良くて暑かったけど、頑張ってる中学生の姿は爽やかでした♪


■衣類の次は本の片づけ祭り■
JUGEMテーマ:家事・掃除・片付けがんばろう〜♪

ときめき片づけ祭り。 衣類の次は、本ですよ。
衣類同様、こちらも自分所有の本を対象にします。
実施したのは8月の中旬です。

まず、全ての本を床に並べます。
とは言っても、うちには3匹のワンコがいるので床に並べるのはちとコワイ。
なのでリビングのテーブルに。

20110815150415.jpg

本棚に入ったまま、処分する本を抜いていくんではダメなのか?
こんまりサン曰く、本棚から本を出すこの作業は絶対に飛ばしてはいけないそうです。
本棚に入った状態の本は、「寝ている」=「気配を消している」ので
このままの状態でときめくか?と自分に問いかけてもピンときません。
結局、選びきれずに二度手間になってしまうそうです。

本の数がもっと多い方は、カテゴリー別にざっと分けて床に積んでいきます。
わたしは置き場に悩むほどの数を持っていなかったのでテキトー置きですけど^^;

1冊1冊手に取り、「触ったときにときめくか?」に集中。
このとき、決して中身は読まないで下さい。
ときめくかどうかではなく、必要かと判断が鈍ってしまうから。

わたしがやってみて感じたのは、
以前読んだときに、「なるほど〜〜!目からうろこ!感動!」と思えた本は
手に取ったときに「ときめくんだ」ということ。
実際、何度も読み返している本たちでした。
本=内容にパワーを感じる、元気がでる、やる気になる本です。

逆に全くときめかなかったのは、英語・英会話関係の学習本^^;
(家族の手前、この事実を公表するのは勇気がいりますが・・・。)
本屋さんで「これは使えそうだ!」と買ったわりになかなか・・・
驚いたのが、そういった英語関係の本が1冊や2冊ではないこと。
似たような単語・語彙集、旅行に使える英会話集、英文法関係・・・なんだかんだと10冊余。
これら。まったくときめかず。
もしも、また勉強したいと思ったときに、ときめかないこの本たちを使うだろうか?
うんにゃ、ぜったい無い。
だって、似たような本や参考書が何冊もあるのは、これまでも勉強意欲の波に合わせて
その都度新しく買った結果にちがいないから。
そんなわけで、ここでリセットします。

あと、自分では「大好き。だからときめくはず。」っと思っていたインテリア関係の雑誌が
思いのほかときめかなかったことに驚いています。
なんせ大事にとっておいたものの中には、1996年モノまで・・・。
15年前のインテリア雑誌には、「南仏プロヴァンス」とか「サンタフェ風」とか(笑)
「北欧」のホの字もありません。
時代は変わるし、好みも変わる。
こんまりサンは「中を見たらダメ」というけれど、これだけは見直しちゃいました。
「あ、このページ、スキだった♪」
「このおうち、今見てもステキだな♪」
というのがあって、自分の好みを改めて知れた気がします。
なので、そのページだけカッターで切り取ってファイリングしました^^

そうそう。
読みかけの本、なんていうのも何冊かありました。
勢いよく読みきってしまう本と、なぜかすぐに置いてしまい読み終わらない本の違い
って何でしょうね?
読みかけの本は、「目で追っているだけで、全然脳ミソに入ってこない。
ましてや、心には全く届かない本」なのです。
決して「悪い本」だと言っているのではありません。
そのときのわたしの精神レベルに合っていなかったのだと思います。
実際、時間が経過してふと手に取り、以前は読めなかったのに今回はすんなりと読了。
そして感動。という本もありました。読むべきときが来たんでしょうね〜。
でも、今は片づけ祭り中。
一旦手放しても、また読むべきときが来たら、図書館で借りるなり、買うなりして
きっと手元に戻ってくるでしょう。
「いつか」は、来そうで来ないのです。
なので読みかけの本も手放します。

20110815151747.jpg
途中、休憩を入れつつ・・・

そんな風にして、全ての本をときめきチェック。
結果、62冊をブックオフへ持っていくことに。
うち57冊を買い取ってもらえました^^
15年前のインテリア雑誌も買い取っていただけたのにはビックリ!
(微々たる値段ですが。笑)

だいぶ本棚がスッキリしました。
残った本は、また読みたい、パラパラと眺めたい本ばかりです^^
嬉しいもんです。

そうそう、妹から絵本や児童書はとっておいて〜とメールが来ましたが、
それらは甥っ子と、こんど生まれてくる赤ちゃんのためにとってあるのでご安心を^^


さぁ、次は書類関係です。
これがなかなか進まないのよぉ〜〜〜〜〜(涙)

ファイトー!ってことで、ポチッとしていただけると嬉しいです。
がんばります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 

ありがとう!



 
■洋服の次はバッグ&小物■
JUGEMテーマ:家事・掃除・片付けがんばろう〜♪


洋服のときめき片づけ祭りの次は、バッグやマフラーなどの小物です。

わたしの場合、「シーンによってバッグを使い分けてます♪」
・・・と言えるほど「シーン」に代わり映えのない毎日です^^;
洋服のパターンも決まっているので、バッグもそれに合うものばかり。
特にバッグに関しては、好みがハッキリしているので、そんなに衝動買いもしません。
バッグの所要数は少ないほうだと思います。

バッグも、洋服同様「ときめき」で選びます。
思いのほか悩んだのは 「ハンドメイド物」でした。

・お友達が作ってくれて、一時期ずーーーっとそればかり持っていたバッグ。
 けれど、入り口部分が擦り切れてしまっているので今は使っていない。
・自分が作ったもので、思い入れもあるんだけど、手持ち部分が擦り切れている。

ときめくか?と言われれば、ときめきはしないのです。思い入れはあるけれど。
だったら処分の方向ですよね。
だから、「擦り切れるまでわたしの行くところに付いて来てくれて、よく働いてくれました。
ほんとうにありがとう。お疲れさまでした。」 と、声をかけました。

そして、友達が作ってくれたバッグは、革の持ち手がすっかり柔らかくなって
良い感じになっているので、他のバッグを作るときに再利用できると思い、
切り離してとっておきます。
自分で作ったほうは、本体は元気ですし大きめなので、解体して長方形に合わせ縫いして
手拭きタオルにリメイクしました。

20110831104137.jpg

リネンが表側、パープルの大きなブロックチェックが内側のバッグでした。
愛着はあるけど、もうバッグとしては使えない。
でもカタチを変えれば、またときめいて使えるというのがリメイクのよいところ。
布モノはリメイクしやすい^^
手を拭きながら、元バッグを思い出します(笑)

他には、ショルダーバッグや黒牛革の持ち手の長めの就職活動に使えそうなバッグも
処分しました。
これらは、ずいぶん昔に買ったもので、今と服装も若干ちがっていた頃の。
だから今持ってもシックリこないんだよね〜。
でも、バッグってそんなに汚れたり壊れたりしないでしょう。
「もったいない」という気持ちがない、と言えばウソになります。
だけど、持っていてもときめかない=使わない。
それに収納場所を占領されているのは、もっともったいない。


同じようにストールやマフラーもときめきで選びました。
そうしたら、無印のバスケットひとつに収まってしまいました。
20110819102046.jpg
こんだけ!しかもオットのも入ってるし。
今、日よけに使っている薄手の明るい色目のストールは別保管。
鏡の横に掛けています。
冬になったら、ここにあるのが登場して、夏物がここに入るだけ^^
モノが少ないって、管理がラクです。
このわたしにも管理できる。それが嬉しいわ〜〜♪

こんな調子で、次回は本の片づけ祭りです。

よろしければポチッとしてくださると嬉しいです^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ  ありがとうございます。

今日で小学生の次女も夏休みが終わります。
わたしも明日から仕事復帰。
グータラ生活に別れを告げて、また頑張ります!


■小さくたたんで立てて収納■

ときめく片づけ祭りで、自分の洋服を厳選しました。
お次はその収納です。

人生がときめく片づけの魔法 では、「たたむ収納術」を推奨しています。
本では、そのたたみ方が文章のみですので、やってみて「これでいいのかな?」
とも思いましたが、

きちんと手でしわを伸ばして、袖と見頃を内側に折り込み長方形にしたら、
それを「立てたら立つ」くらいの大きさまでおりたたむ。
そして、立てて収納。

そうしたら、こうなりました。
20110819101601.jpg
 ↑ ↑ キャミソールやレギンス類

20110819101733.jpg
 ↑ ↑ ブラウスやTシャツ類 
    奥の方に長袖Tやスウェットなどの秋冬モノ。よって衣替え必要なし!

20110819101509.jpg
 ↑ ↑ 靴下 履き口をくるりと丸めてまとめる方法は×。2枚重ねて四つ折か三つ折。

どうでしょう?!
(色が地味!というご指摘は承知の上です。笑)
チュニックやワンピースはクローゼットにかける収納にしています。

もうね。今までは、スピード勝負ってのかしら?とりあえずたたむみたいな。
チャッチャと四つ折り程度にたたんで、上から重ねるようにタンスに入れてました。
どうしても、下になる服には手が伸びず、出そうとすると上にある服が邪魔。
たまに着ようと思ってもしわだらけ・・・
あれ?こんなところに入ってたんだ!という服に出会ったり。=忘れられてた着ない服。

小さくたたんで、立てて収納したら、タンスからはみ出していた洋服が全て収まりました。
引き出しを開けると全てが見渡せます。
見た目が美しいのも良いですし、何よりどの服がどこにあるのか整理されてて
「管理できている!」という満足感が得られます!
洗濯して、タンスに戻すときも『空いている場所』に戻すだけ。
これが嬉しい。

小さくたたんでしわにならない?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
わたしもそう思っていました。
でも立てて収納しているので、重石のようにな上からの圧がかからないせいか
しわはほとんど気になりません。

今までに比べると、たたむのに手間がかかりますが
時間にしたら1枚に付き ほんの十数秒程度。
手でしわを伸ばしながら丁寧にたたんでいると、心なしか心が落ち着くんです。
「ときめく服」だから、なおさらなんでしょうね。

こんまりサンは
「ちゃんと持ち主の手によって触って整えられることは服にとっても心地よく
エネルギーが注がれる行為なのだと思います。
だから、きちんとたたまれた服はシワがピンと伸び、生地がしっかりして
いきいきしてくるのです。」
「単に収納するために服を小さく折り曲げる作業だけではありません。
いつでも自分を支えてくれている洋服をいたわり、愛情を示す行為なのだと思います。」
と言っています。
なるほど、なるほど。
確かに洋服の張りがちがうのは、洋服がいきいきしているからなんだわ^^

出し入れが気持ちよく出来る収納を一度経験してしまったので、
もうきっと以前のような上から積み重ねてしまう収納には戻ることはないでしょう。

こんまりサン、ありがとう。


よろしければ、ポチッとしてもらえると嬉しいです^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

午前中、学校の親子除草に参加してきました。
夏の間にボーボーになった小学校がキレイになりました。
・・・うちの庭もやってくれないかな・・・?



■ときめく片づけ祭り*洋服■
JUGEMテーマ:家事・掃除・片付けがんばろう〜♪


「理想の暮らし」を自問自答して納得した後は、いよいよ片づけ祭り開催です!

本日お送りするのは、今日のように涼しい日ではなく
室温33度の猛暑の中、水筒に氷水タップリと用意し、扇風機の風に当たりながら
奮闘しましたある日の 「片づけ祭り」の模様です。


こんまりサン曰く。
「モノ別に必ず正しい順番で片づける」

まず始めは、衣類から。
「モノ別」であって、「部屋別」ではないので、家中の洋服を全て床に並べます。
ただし、いきなり家族4人分をわたしのときめきで勝手に選別はできないので
まずは自分の洋服から。

F1000064.jpg
以前から、洋服に関してはミッションと称して捨て作業をしてきて
むやみに買ったりしなくなったので、さほどでもないでしょう。

この写真の他に、下着類や小物類(ストールやマフラー、手袋など)も並べました。
玄関に掛けっぱなしだったストールや、ロフトのダンボールに入っていた昔のワンピも
とにかく全部!ここに集合。

次に1枚1枚手に取り、ときめくか。を判断基準に選別します。

明らかに大好きでときめくモノは、迷うことなく残すものとして選抜。
また、明らかに色が褪せていたり、シミが付いているものも、速やかに処分決定。

判断に悩んだモノ達は・・・。
「ときめく」って程ではないけれど、とても重宝するし、着るであろう服たち。
それから
ときめかないけれど、まだまだキレイで着るかもしれない服たち。
それから
自分で手作りした思い入れのある服たち。(でも着ない)

で、わたしはもう1度、読み返します。
こんまりサンは、捨てられないときの対処法も書いてくれてますから。

実際問題、困るのは、「ときめかないけど捨てられない」モノ達ではないでしょうか。
直感では、ときめかないとわかっていても、
思考の部分で、「でも、いつか使うかも」「だって、もったいない」と
手放す判断を鈍らせてしまうからです。(まさにその通り!)
そんなときは、「捨てられない」と思ったものに対して、そのモノが持つ本当の意味」
を改めて考えてください。
とあります。

やってみました。

・ターコイズブルーのリブ編みのハイネックセーター
  店員さんが同じセーターを2枚重ね着(グレーの上にターコイズブルー)されてて
  それがとってもステキだったので買った。
  しかし実際、自分がしてみると何かちがう・・・(涙)
  その着こなしは細身の人でないとスッキリ見えないことがわかった。
  つまり、セーターはそのことをわたしに教えてくれた。ありがとう。

・黒地に花柄のロングワンピ
  ものは良い物だけど、出番が少ない。友人の結婚式に着ていった。
  もったいないと思って捨てられずにいたけれど、役目を終えたと思う。ありがとう。

・カーキ色のミニタリーコート
  ずいぶん活躍してくれました^^ でもここ数年着てないな。
  来冬着たいか?と問うと・・・
  着ようと思えばまだ着れるけど、洋服にも旬ってあるよ。と、いうことを教えてくれた。
  寒さから身を守ってくれました。ありがとう。

・手作りしたリネンのワンピ
  形が好きで同じようなのを作ったりして、あまり着ていない1枚。
  このワンピを原型に、「もうちょっと身ごろを細くしよう。」と改善をしていくことが
  できました^^ありがとう。
  もう着ないけど、良いリネンなので布巾にしようと思います。

こういった調子で、迷う服に関しても1枚1枚向き合っていきました。
すると、少ししか着ていない服でも、まだまだ着れる服でも
「充分、役に立ってくれたました。どうもありがとう。」という感謝の気持ちで手放せました。
しかも、罪悪感を持たずに・・・。

そうそう!!色褪せて処分する服も、今までだったら「はい!捨て〜〜」ってポイだったけど
今回は、「こんなに色褪せるまで活躍してくれて助かりました。ありがとう!」
と、感謝しながら捨てました。



まる1日かけて、自分の洋服のときめき片づけ祭り。
45リットルのゴミ袋に3つ分になりました。
枚数はかなり減ったけど、いつも気に入っている決まった洋服しか着てなかったので
まったく問題なし!(笑)
ときめくものだけが手元に残ったので、気分はいいですね〜〜♪


で。
張り切って日曜日の子ども会の廃品回収に出そう♪と思っていたのに
あいにくの雨・・・。
「雨天でも回収しますが、ボロ布・古着は出さないで下さい。」

・・・・(涙)

そんなわけで、まだうちの玄関に3袋居残っています^^;


このあと、こんまりサンのたたみ方でタンスに収納しましたら
これまたスッキリ!!!
それについては長くなったので次回に。


よろしければ、ポチッと応援クリックおねがいします^^
励みになります!ありがとう。。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 

 
■捨てる前に「理想の暮らし」を考える■



人生がときめく片づけの魔法 を読んだあと、すぐにでも捨て始めたくなりました。
でも、あるステップをすっ飛ばして、いきなり捨て始めてしまうのは、

『それこそリバウンド地獄に自ら身を投じるようなものです。』 ・・・だそうですよ。


モノを捨て始める前に、じっくりと考えなくてはならないこと。
それは、 理想の暮らしを考える。 ということ。


わたしだって、思い描く理想の暮らし、ありますよ。
「スッキリと片づいた部屋で、カフェ風のBGMを流して、珈琲を飲みながらほっこり」
とか、
「モノの定位置が決まっているので、わたしだけでなく家族も使って戻せる。」
とか、
「どこを写真に撮っても絵になるような、そんなインテリア。」
とか、
「草花が風にそよぐお庭のテーブルでくつろぐ。」
とか、
「家族みんながいつもニコニコ笑っている。」
とか、とか。
挙げればキリがないほどありますがね。

こんまりサン曰く、それだけでは甘い。んだそう。

自分が「片づいた部屋で生活している様子」がありありとイメージができるくらい
具体的に考えることです。

どんなふうに片づいていて、どんなインテリアで、その中にいる自分はどんな気分で
どんなふうに生活しているか。

それを考え始めたら、時間と言うか、日数がどんどん過ぎていきました^^;
なぜかといえば、自分の根本的な迷いに辿り着いたからです。

わたしの 「本当に好き」 って、なんだろう???

インテリアの雑誌をめくれば、色んなテイストのお部屋が掲載されています。
白いインテリアも明るくてスキだわ〜♪
白木の家具もスキだわ〜♪
北欧家具にも憧れるぅ〜♪
ポップな色使いも可愛いなぁ〜♪
・・・

・・・

・・・

移り目が激しいというか、自分ってものがないというか・・・。
じゃー、結局わたしはどんなインテリアの中で暮らしたいのよっ?!
孔子は「四十不惑」というなれど、わたしゃ惑いまくりです(涙)
ハッキリしていることは、「シンプル」「自然素材」かな。
もっと煮詰めないとぉ〜〜〜^^;


こんまりサン。 さらにおっしゃいます。
理想の暮らしがイメージできたら、さっそくモノを捨てる作業にうつってよいかというと
まだ早い。・・・と。
次にするのは、 「なぜ、そんな暮らしがしたいのか」を考えること。
わたしの場合だったら、
なぜ、カフェ風のBGMを流して、珈琲を飲みながらほっこりしたいのですか?
「カフェに行ったような気分でリラックスしたいから・・・」
ではなぜ、カフェに行ったような気分になりたいのですか?
なぜ、リラックスしたいのですか?
と、自分の出した答えに対して「なぜ」を3回以上繰り返すのだそうです。
わたしは、自分になぜを繰り返した結果、思いも寄らない答えに行き着きました。

「カフェというと、ほっこりと落ち着けるイメージがあるから。」
つまり、ほっこりと落ち着きたいということですね。
なぜ、ほっこりと落ち着きたいのですか?
「落ち着いた状態で、自分の思考を整理したいから。」
つまり、自分の思考が整理できていないことがあるのですね?
その整理できていないこととは何ですか?
「・・・・子育てについてです。」

さらに、
なぜリラックスしたいのですか?についても
「ついつい子どもに対して、指示をしてしまったり、せかしてしまったり、
自分では逆効果だとわかっていても、目の前にするとつい口出ししてしまい、
自分に対してイライラするから。そうならないようにリラックスしたい。」
こんな答えに行き着いたんです!


ビックリ〜〜〜〜〜〜ッ!!!
わたし、まさかカフェから子育ての悩みにつながるとは思いもよりませんでした。

結局のところ、わたしは家族、特に娘たちとの人間関係について
もっと良好なものにしたい、その為に自分が変わる必要がある。
子どもへの自分の対応に、常日頃疑問と言うか、これでいいのかという思いが
漠然とあったのですが、
思った以上に自分の中で大きな問題になっていたんですね。
そのことに気付いて、ちょっと泣きそうになりました。
「家族みんながシアワセであるため」
という、ものすごーーく重要なテーマに、改めて気付かされたわけです。
わたし、将来自分が何をやりたいか、いまひとつ見えてなかったんですが
なんだか、片づけの向こう側にぼんやりとですが、やりたいことが見えてきました。
ここに書くのには、まだボンヤリしていて恥ずかしいので控えますが、
手帖には、しっかりと書いておこうと思います。

片づけが人生をリセットするっていうけれど、
モノを捨て始める前の、このステップの重要さがわかりました。
ハッキリいって、自分の欠点と向き合う辛い作業でもあると思いました。
だって、「こんな暮らししたい」ということは、裏を返せば「今現在できてない」ってこと。
それができてない自分を認めざる得ないということ。
でも、そこから目を逸らしては、先には進めないのではないかとも思います。
ダメな自分を謙虚に認めつつ、片づけを通して生き方や考え方を見つめなおす。
そして、理想の暮らしを手に入れる!!
手に入れることが出来た自分を誇りに思う!
そこまで行くよぉーーー!!


「なぜ」を繰り返して、動機をはっきりさせて、自分がお腹の底から納得する。
わたしがこれからするのは、単なる片づけじゃない。
人生をリセットして、本当の生き方を始めるための片づけです。
お腹の底に、「片づけが家族みんなのシアワセにつながる」 ということを
ストンと落として。
これを軸にして・・・。

こんまりサン、感謝、感謝です。



よし!
いよいよモノを見極めるステップに入っていきます!
・・・インテリアについては考えつつ^^;


今日の記事、共感した〜という方が、ひとりでもいたら嬉しいな〜。
↓ ↓ ↓ ポチッとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ    

暑いけど、水筒に麦茶と氷たっぷり入れて、頑張ります!
汗ダラダラかいた後のシャワーが気持ちいいんだよねーー>v<